top of page
スタッフブログ
​事業承継に関する最新の動向やセンターの活動を紹介

経営者保証解除支援業務の移行(2023年4月~)

 当センターで3年間支援してきた「経営者保証解除支援」が「ガバナンス体制整備支援」へと範囲が広がったことにより、本年4月より『大分県中小企業活性化協議会(097-540-6415)』へと業務移管されました。



 「ガバナンス体制の整備」とは、中小企業では以下の3点を整備することをいいます。


(1)法人個人の分離:資産の所有やお金のやり取りに関して、法人と経営者の関係を明確に分けること。往々にして、会社という別法人との区別ができておらず、個人事業の延長のような形の企業が多いのが現状です。そこが課題となっています。

(2)経営の透明性の確保:金融機関への財務情報の適時、適切な開示を行うこと。金融機関から要請があれば、会社の財務情報を開示する必要があります。

(3)財務基盤の強化:会社(法人)の資産、収益力で、借入の返済が可能となるように財務基盤を強化することです。


 これらを、事業承継時だけではなく常に整備していくことで、中小企業の持続的な成長や中長期的な企業価値が向上します。国も、この「ガバナンス体制整備支援」に力を入れていく方針を打ち出しています。


 参考資料: ガバナンス体制整備支援に関するパンフレット(中小企業庁)

ガバナンス体制整備支援
.pdf
ダウンロード:PDF • 788KB

Comments


bottom of page