top of page

ホーム > 事業承継支援事例(2022年度版・2021年度版)

事業承継支援事例 (2022年度版・2021年度版)

当センターにて支援した事業者様の事業承継・引継ぎ事例を紹介しています

★ 2022年度版

antique1_edited.jpg

地域唯一のGS存続をかけた第三者承継

★公開日:2023年1月6日

杵築市

合同会社おおた夢楽(むら)
消滅危機のガソリンスタンドを
住民&各種関係機関の連携で守る。
antique1_edited.jpg

飛躍し、将来の後継者も育てる親族内承継

★公開日:2023年1月5日

国東市

国見水産有限会社
「漁業と地域の将来のために」家族総出で同じ夢に突き進む。
antique1_edited.jpg

建築一家の歴史をつなぐ親族内承継

★公開日:2023年1月4日

中津市

建築業 クスノキ
日本の伝統技術を承継しつつ、”感じるまま”に創造する。
antique1_edited.jpg

地域の女性の美を守り続ける親族内承継

★公開日:2022年12月27日

津久見市

美容室 風の音
美を提供し続けた母から娘へ、新たな"風の音"を託す。
antique1_edited.jpg

時代とともに進化するための親族内承継

★公開日:2022年12月26日

豊後高田市

旅館 梅乃屋(株式会社あま乃)
父が息子へ託したのは、変化を進化に変える独自の道
antique1_edited.jpg

変化を掴み地元ニーズに応える親族内承継

★公開日:2022年12月25日

竹田市

えとう印刷
紙離れが顕著な時代だからこそ、若者目線で業界に活路を見出す。
antique1_edited.jpg

想いを次世代へ受け継ぐための親族内承継

★公開日:2022年12月20日

豊後大野市

株式会社なかの家
”当たり前”を守ることは、地域の大切な”宝”につなぐこと。
antique1_edited.jpg

漁村の地域資源と雇用を守る第三者承継

★公開日:2022年12月19日

佐伯市

株式会社漁村女性グループめばる
”浜のお母さん”の技と意志を新たな視点で受け継ぎ、飛躍へ。
antique1_edited.jpg

双方の意向を尊重して実現した第三者承継

★公開日:2022年12月18日

大分市

株式会社おきおか
50年来の顧客ニーズを守りながらアイデアで新規開拓に挑戦する。
antique1_edited.jpg

地元の味を全国へと繋げる親子承継

公開日:2022年2月3日

国東市

からあげ花ちゃん
両親が守ってきた”我流”の味を 国道沿いの新店舗から全国へ。
antique1_edited.jpg

”誠実”が培った9 5年を引き継ぐ親子承継

公開日:2022年1月27日

別府市

有限会社明石文昭堂
別府だからこそ実現する「紡ぎ 繋ぎ 残す」を次世代へ。
antique1_edited.jpg

日本家屋の伝統工法を引き継ぐ親子承継

公開日:2022年1月20日

佐伯市

染矢建築
昔ながらの木造建築・土壁工法を 守りながら新たな道に挑戦する。
antique1_edited.jpg

背中で語る責任を受け継ぐ親子承継

公開日:2022年1月13日

日出町

有限会社日の出園
裸一貫で父親が始めた仕事を 継ぐことに何の躊躇もなかった。
antique1_edited.jpg

麺産業で地域貢献を目指す第三者承継

公開日:2022年1月6日

大分市

株式会社ヤマナミ麺芸社
”麺”というコンテンツを軸に、豊かな食を提供していく。
antique1_edited.jpg

老舗パン屋の存続を実現した第三者承継

公開日:2021年12月23日

大分市

シェルブール/株式会社フクール
多くのファンに愛され続けている老舗パン屋を、さらに発展させたい。
antique1_edited.jpg

万全の体制で代替わりに挑む親子承継

公開日:2021年12月16日

大分市

オリナスパック株式会社
「日本の菓子文化に貢献するために」親が子のためにできる承継準備。
antique1_edited.jpg

生涯の仕事という誇りを胸に刻む親子承継

公開日:2021年11月29日

竹田市

株式会社髙橋工業
家族の笑顔のために、兄弟で高め合っていく生業。
antique1_edited.jpg

由緒ある土産菓子を受け継ぐ第三者承継

公開日:2021年11月22日

宇佐市

梅田家
頑なに作り続けてきた「宇佐飴」を無くすわけにはいかない。
antique1_edited.jpg

伝統の技に新たな命を吹き込む親子承継

公開日:2021年11月15日

日田市

本野はきもの工業
三大産地の一つ、日田下駄の 可能性を高めていく決意。
bottom of page